SNS for Biz
by Allied Architects

企業の動画活用の背景とは?各SNSの動画機能とその活用方法

日常生活の中で動画を目にする機会が増えていませんか?
もしくはあまりに自然に馴染みすぎていて、その感覚すらないかもしれません。

通信環境の整備や端末の高機能化、配信プラットフォームの進化など、いろいろな技術革新や企業努力に支えられて今日の動画環境ができあがっています。

本コラムでは、改めて動画の環境について4つのポイントに整理いたしましたのでご紹介いたします。
また併せてSNSの動画機能と、活用例もご紹介いたします。
ご参考にしていただけますと幸いです。

■盛り上がる動画市場とその背景

1通信環境の整備が進み、動画がストレスなく再生できるように
通信環境が整備される前は、メディアもコミュニティもテキストやバナーが中心で、動画があると読み込みに時間がかかってしまい、嫌悪される状況でした。
現在では動画があってもストレスなく再生され、コミュニケーションの一部として活用されています。

 

2プラットホームの進化により動画閲覧・投稿の機会が増加
インターネット動画ではYoutubeで見るもの。という時代は終わり、SNSで気軽に見れるものになりました。Youtubeよりも投稿のハードルが低く、企業もユーザーも積極的に動画でコミュニケーションをとるようになりました。
結果としてSNSを見れば動画が溢れており、ユーザーにとってより楽しい空間になっています。


3環境整備やユーザー数増加などの背景から、企業が広告として積極活用
動画広告市場の推移・予測 出典:http://www.d2c.co.jp/news/2017/04/17/1763/
動画広告市場の推移・予測 出典:http://www.d2c.co.jp/news/2017/04/17/1763/
 

2016年の動画の広告費は、869億円となり、インターネット広告費全体の8.4%を占めています。また、2017年の動画広告費は1,224億円となると予測され、前年比141%と、引き続き高い成長率を示すと推計されています。


4動画は静止画に比べ、訴求力が高く、たくさんの情報を伝えられることも追い風に

こちらはご存知の通りかと思います。
また以下のような調査結果もあります。
動画広告へ接触したユーザーへの調査で、「動画を確かに見た」と答えた人は「静止画像を確かに見た」と答えた人の1.7倍で動画広告の方が、ユーザーの記憶に残りやすく認知を高める効果があることが認識されています(※)。
さらに、広告で訴求されている内容を覚えているユーザーの割合は、バナー広告を見た人に比べて、動画広告を見た人の方が、2割程度高く(※)、より強い訴求力を持つようです。

(※)…電通・ディーツーコミュニケーションズ調査

以上のような背景から、動画が市場全体で盛り上がりを見せるようになっています。

 

■各SNSが動画機能拡充


Instagram、Twitter、Facebook、など各種SNSで続々と拡充される動画機能。どのSNSも動画を注力分野と捉えています。各SNSの動画機能の一部をご紹介いたします。

 

Instagram 「Instagram Stories」

Instagram 「Instagram Stories」利用イメージ画像引用元:Instagram Storiesが登場 | Instagram for Business

Instagram 「Instagram Stories」利用イメージ画像引用元:Instagram Storiesが登場 | Instagram for Business

 

Instagram storiesとは、通常の投稿とは違って、プロフィールやフィード表示はされないこと、24時間で自動的に投稿が消えること、縦長のフルスクリーン動画形式orスライドショー形式で表示されることが特徴です。
24時間で自動的に投稿が消えることから気軽な投稿、その瞬間を切り取った臨場感のある投稿がされやすく、2016年1月28日にリリースし、2016年末には、デイリーアクティブユーザー数でSnapchatを上回りました。

 


Twitter 「インスタントアンロックカード」

Twitter 「インスタントアンロックカード」画像引用:https://twitter.com/TwitterAdsJP/status/761314819869806592(GIF画像から)

Twitter 「インスタントアンロックカード」画像引用:https://twitter.com/TwitterAdsJP/status/761314819869806592(GIF画像から)

 

インスタントアンロックカードは、Twitter広告の一種でユーザーが思わず見たくなるようなプレミアムコンテンツの提供が可能です。カンバセーショナルカードを使用したユーザーとのコミュニケーション促進が期待できます。
動画などのプレミアムコンテンツをフックに、Twitter上での自社ブランドに関する会話量を増加させることが可能。Twitterも昨年からアプリ内での動画の配信が可能になりました。

 

 

 

Facebook 『 360度ライブ動画配信』

Facebook『 360度ライブ動画配信』 画像提供:Facebook

Facebook『 360度ライブ動画配信』 画像提供:Facebook

 

360度ライブ動画配信は、投稿された動画を視聴者が視点を上下左右360度全てのアングルに動かして対象物を見ることができるものです。
この取り組みは360度に合わせたサウンドシステムが構築されており、VR(仮想現実)の一種としてより臨場感がありインタラクティブなコミュニケーションを可能にします。
動画に対し、視聴者はいいね!やコメントなどのアクションが可能であり、配信者はリアルタイムで、視聴数や視聴者からの反応を確認することができます。
360度のライブ動画を配信できるのはパブリッシャーのみで、18億人の全Facebookユーザーを対象には提供されていない。

このように各社動画機能の拡充に注力しています。

■動画を活用したSNSキャンペーンのご紹介

<動画×ツイート&フォロー(Twitterのインスタントアンロックカード)>


Youtuberを活用して商品を訴求するプレミアム動画(フックとなる動画)を作成して、それをインスタントアンロックカードに載せて拡散します。リツイートしたら先が見れるという設計です。

Youtuberを絡めた限定動画のフックとハッシュタグ投稿のCTAの設置で拡散を促進。

Youtuberを絡めた限定動画のフックとハッシュタグ投稿のCTAの設置で拡散を促進。
 

商品紹介そのものの動画より、フィードに馴染み、ユーザーから興味を持ってもらいやすくするために、「SNSの文脈にそった訴求力のある動画」を活用して成功するケースが増えています。
そのような動画を作成する際に有効なのがYoutuberなどのインフルエンサー活用です。インフルエンサーが独自の視点で投稿することで、企業側が作る商品紹介広告比較したときにユーザー目線の商品の魅力を訴求することができます。
また特定の分野の専門家や憧れの存在であるインフルエンサーが投稿することにより、情報が届くだけではなく、共感信頼・憧れを感じさせることができます。

インフルエンサーについてはこちらの記事もご参考ください
※弊社ではYouTuber動画の制作から、広告の運用までワンストップで支援しております。


<動画×クイズ回答(弊社サービス「モニプラ」によるアンケート機能の活用)>


シンプルに動画視聴と、その動画の内容にそったクイズに回答するキャンペーンにし、動画をみてもらう理由をキャンペーンの仕組みの中に組み込んだ内容になります。
動画を作っても視聴完了まで動画内容をすべて届けることが難しいので、その場合は、クイズなどにして視聴する理由を作ってあげることで、動画を見てもらう確率を高めることができます。

クイズへの全問正解を動画視聴の動機とする。ゲーム性を持たせて、ユーザーが楽しんで参加できるようにする。 クイズへの全問正解を動画視聴の動機とする。ゲーム性を持たせて、ユーザーが楽しんで参加できるようにする。

 

また、キャンペーン参加者のデータ、クイズ回答データ、参加者のSNS上の影響力(フォロワー数)のデータの蓄積も可能なので、特定の参加者へセグメントした情報を届けるなど次の一手にもつなげることが可能です。

※上記のクイズ回答(アンケート機能)とデータ蓄積は弊社サービス「モニプラ」で支援しています。

 

■まとめ


注目が集まる動画市場。本コラムでは、盛り上がる動画市場の背景と、各SNSの機能拡充、動画を活用したSNSキャンペーンをご紹介しました。
各社動画領域へ注目度が高まり、配信環境が整備されていく中で、今後さらにタイムライン上で動画クリエイティブを見かける機会も多くなるでしょう。

是非この機会に動画を使ったSNSキャンペーンを検討してみてください。

モニプラに関するお問合せはコチラ

monipla(モニプラ)

↓AD-Tech事業へのお問合せはコチラ

SNS広告運用

TOP