SNS for Biz
by Allied Architects

コストをかけずにSNSマーケティングプランナーを育成する方法


国民の半数がSNSを利用する時代となり、企業は一般的なプロモーション施策としてSNSを活用するようになりました。
しかし、SNSを活用する経営者様の中には、「SNSマーケティングに精通した人材がいない」「自社内でSNSを運用しているが思ったように成果が出ない」といったお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、企業がSNSを活用するメリットをご説明すると共に、コストをかけずにSNS活用を推進する方法を紹介いたします。

 

 

企業がSNSを活用するメリット

SNSをうまく活用することで、自社の売上に貢献をすることが可能です。
SNSの利用人口は増加し続けており、また、インターネット利用時間で占める割合も大きくなっています。その影響力は、今やマスメディアに匹敵すると考えられています。

この影響力を利用し、SNSを製品やサービスのプロモーションに活用する企業が増えています。


インターネット人口に於けるSNS利用者数とネット利用時間におけるSNSの割合の調査結果
SNSの利用者数は増加しており、利用時間も長い

ある大手食品メーカー様では、SNS上でユーザーとの接触頻度を向上させたところ、未購入者の購入転換率やリピート率が改善されました。


SNS上の接触頻度向上が購買に繋がった事例(大手食品メーカー様)
Facebook投稿による継続的なコミュニケーションの結果、未購入者の引き上げ、購入者の購入頻度向上に成功

このようにSNSは先進的な企業を中心に積極的に活用され、売上につながる成果が出ています。

なぜSNS活用が上手くいかないのか?

SNS活用が上手く進まない企業が抱える課題は、SNS活用を推進する人材が不足している、もしくは育成が不十分であることが考えられます。
下図はNTTコムリサーチ社が実施した、SNS活用している企業が抱える課題をアンケート調査した結果です。


SNSを活用する上で企業が抱えている課題の調査結果
大半は人材不足や育成の不足に関連する項目が目立つ

「人材が不足している」「教育・トレーニングが不足している」を始め、担当者のスキルや教育の不足に関する点を課題としている企業が多く見られます。また、「営業上の効果が見えない」「実購買にどの程度影響したのかがみえにくい」など効果を測定する知識やスキル不足が原因である項目まで含めると、SNS活用に取り組む企業が抱える課題の大半が教育の不足による課題であることが分かります。

コストをかけずにSNS活用を推進するには

自社でSNS活用を推進していくには、SNSの知識を持った社員が推進の指揮をとれるようにすることが重要です。
すでに自社製品・サービスに対して理解のある既存社員にSNSマーケティングのスキルを身に付けさせ、推進の責務をになってもらいましょう。また、人材育成を目的とした この方法では国から助成金を受給することができ、実質コストをかけずに研修を受けることも可能です。

今回は社内でSNSマーケティング人材の育成を検討している方に、SNSマーケティングの基礎的なスキルを習得できる「SNSマーケティングプランナー育成研修」を紹介いたします。
 

・SNSマーケティングプランナー育成研修とは

Facebook、Twitter、Instagram、ブログの使用方法に加え、企業での運用方法と広告出稿に関する基礎的な知識と技術を習得し、一定水準の業務に関しては自社内で対応可能となる人材育成を目指します。
厚生労働省が設けている助成金を活用すると、コストをかけずに研修を実施することが可能です。

・研修内容のご紹介

SNSの基礎的な情報からKGI・KPI設計や投稿案の作成方法、SNS広告などSNSマーケティングを始める際に必要となる知識・スキルを中心にメニューを選定しております。


SNSマーケティングプランナー育成研修の内容(一部)
SNSマーケティングプランナー育成研修の内容(一部)

・助成金とは

厚生労働省が設けている、企業運営を支援するための資金援助制度です。融資のような返済義務がなく、助成金で指定された条件を満たした場合、支給が行われます。人材育成や雇用促進など、目的に応じた さまざまな助成金制度が用意されています。
※助成金を受給するには一定の条件を満たす必要がございます。詳細は、下記リンクより お問い合わせください。

TOP