SNS for Biz
by Allied Architects

【テンセント社登壇】中国人向け集客から決済まで!
WeChatの隅々まで分かる特別セミナー
(小売・EC事業者様限定)

  • 日時2017年12月6日(水) 15:00-17:30(14:30受付開始)
    セミナー終了後、ご希望の方に個別相談会(事前申込み制/任意30分)を実施いたします
  • 会場アライドアーキテクツ株式会社3階セミナールーム
    東京都渋谷区恵比寿1-19-15ウノサワ東急ビル
  • 共催 ×

開催概要

月間アクティブユーザー数9.63億人(*1)、50%ものユーザーが一日90分以上も利用すると言われる中国の巨大なモバイルメッセージングアプリ「WeChat」。

その機能はメッセージング/チャット機能だけにとどまらず、日常の決済(WeChat Pay)やコマース・金融・行政サービスなども含め、まさに「中国人の生活インフラ」として利用されています。

インバウンドや越境ECを目的とする中国人顧客にアプローチしたい企業にとって、Wechatは非常に魅力的なプラットフォームですが、なかなか その実態を正確に つかめていない状態ではないでしょうか?

そこで今回は、その「WeChat」を提供する中国最大のインターネット企業Tencent社の日本拠点であるTencent Japan社をゲストに迎え、中国市場の今、そして「WeChatの企業活用」について概論を知るセミナーを開催します。

さらに、日本において訪日中国人向けに「WeChat Pay」の導入を推進するアプラス社、日本企業による「WeChat広告」の出稿で実績を持つアライドアーキテクツから、より実践的な活用方法もお伝えいたします。

是非、この機会にご参加ください!

(*1)http://jp.xinhuanet.com/2017-08/18/c_136535568.htm

イベント詳細

日時 2017年12月6日(水) 15:00-17:30(14:30受付開始)
セミナー終了後、ご希望の方に個別相談会(事前申込み制/任意30分)を実施いたします
場所 アライドアーキテクツ株式会社3階セミナールーム
東京都渋谷区恵比寿1-19-15ウノサワ東急ビル
参加料 無料
持ち物 名刺を1枚お持ちください
定員 80名様

アジェンダ

15:05 - 15:55

中国市場の変化とWeChatの企業活用概論

Tencent Japan 中島 治也 氏

2014年2月にTencent Japan合同会社に入社し、事業開発・投資業務を行う。
ゲーム・アニメ・マンガなどの日本コンテンツとテンセントとの事業提携を推進しつつ、対日本の戦略立案・投資に従事。その後、新規事業の開発・インキュベーションを推進し、2016年6月よりテンセントの決済サービスであるWeChat Payの日本展開を開始。同8月より、テンセント広告サービスの日本企業向け販売を提供。
2017年より、広告・決済・公式アカウント・クラウドを組み合わせた日本企業向けの対中国マーケティングソリューション、「テンセントブランドソリューション」を提供。

16:00 - 16:30

訪日中国人の消費動向とWeChatPay

株式会社アプラス 加盟店営業部部長 高橋 智雄 氏

1990年、アプラス(当時は大信販)入社。個品割賦営業を中心に従事。
2001年から約2年の台湾赴任の後、2003年から決済事業やカード事業などのペイメント関連の部署を経て、2017年に現職。
インバウンド向けのWeChatPayの日本国内の普及を推進、クレジットカード加盟店等も含め決済分野のソリューションを提供。

16:30 - 17:00

訪日中国人集客のためのWeChatプロモーションのポイント

アライドアーキテクツ株式会社

17:00 - 17:30

個別相談会(事前申込み制/任意30分)

越境EC・インバウンドに関する普段の悩みを相談していただく場。
日頃の業務でのお悩み相談や情報交換の場としてご活用ください。

お申込みフォーム

お申込みを受け付けました。
ご登録のメールアドレス宛に確認メールを送信しましたので、ご確認ください。

他のセミナーやSNSのビジネス活用に役立つ情報はこちら

TOP